Event is FINISHED

「食 × 文 × 学」セッション

檀流クッキングで“ご馳走”を再定義する
Description

あなたにとっての「ごちそう」ってなんですか?

私たちのからだをつくるのは、食べ物にほかなりません。

ふだんなにを食べて、なにをおいしいと思うか。

そこには、私たちの毎日の「暮らし」が投影されています。


利便性が質を伴って、皆の手が届くところにポンっと出てくる時代。

黙っていても少し歩けば自分以外の誰かによって格付けされ、選別された食べ物に出会える時代。


ここに檀一雄という人がいます。

坂口安吾や太宰治に並び、最後の無頼派と呼ばれた直木賞作家です。

なぜかいつも自分で台所に立って、家族の料理を作っていたらしいです。


それが高じて、彼は『檀流クッキング』というレシピ本まで作ってしまいました。

彼が遺した食とその表現には、彼なりの「ごちそう」がいくつも愛情と共に登場します。

「ごちそう」がなんだったかを再考するにあたって、そのレシピ集は貴重なヒントです。


この日の為に長崎から気鋭の料理研究家、オイ氏(レシピサイトぷちぐる主宰)を招き、

氏が完全再現した『檀流クッキング』の一部を実際に食しながら味覚と思考をたぐり寄せる。

これは決して「スローフード礼賛」の企画ではありません。

むしろ、自分のバランスを取り戻す「食」と「文学」と「学び」を通した社交場、

そんな神保町の夜を提案したいと考えています。


ゲスト…ぷちぐる オイ氏


・オイ氏 について

全国に根強いファンを持つレシピサイトぷちぐる(http://oisiso.com/)を個人で運営する家庭料理研究家。檀一雄の料理に魅せられ、web上に『檀流クッキング』全レシピの再現レポートを掲載。当日は檀流クッキングの中からおすすめの品を実際に6品ほど作り、そこに込められた檀氏の料理哲学を分析する予定。

Event Timeline
Sun Mar 2, 2014
5:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神保町EDITORY
Tickets
参加チケット ¥3,000
Venue Address
東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F Japan
Directions
半蔵門線・都営新宿線 神保町駅 A4出口より徒歩1分
Organizer
Miki Ogawa
2 Followers
Attendees
28 / 30